blog

アクセスカウンタ

zoom RSS たいめいけんの洋食やのスーパーまんぷく弁当。

<<   作成日時 : 2018/06/26 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月24日(日)におやつ探索をした時に買ったお昼ごはんが
コレ。

画像


たいめいけんの洋食やのスーパーまんぷく弁当。
(税込み2,000円)

給料日前でピーピーなのに、フンパツしたのには理由が
ある。

今日のお昼は大丸東京店のB1Fにある、たいめいけんの
お弁当と決めていたが、ポークジンジャー弁当にするか
ハンバーグ弁当にするか。
はたまた、オムライスにするかで悩んでいた。

オトコのくせに、お弁当を決めるのにどんだけ悩んでるん
だろう?とお店の人は思っただろう。

悩みすぎて、お腹が痛くなってきたので全部入りにしよう
というワケでコイツを選んだ。

画像


おかずの一つであるポークジンジャー。

豚のしょうが焼きと言われてしまえばそれまでだけど
ここんちのは定食屋さんで出て来るのとは味付けが違う。

一般的なモノは濃い味付けに対して、ココのタレは
少し薄口だけど、まろやかで味に奥深さがある。

こういう味付けにしたのは使っている肉がいいから
肉本来の味も楽しめるようにしたいといった狙いがある。

コンビニ弁当や大手外食チェーン店がしている定食屋さん
でこの味付けをしたら、肉の臭みが気になって食えたもん
じゃない。

画像


2,000円のお弁当でこんな小さいエビフライだなんて・・・。

と食べる前はモンクを言ったエビフライだが、食べてみたら
これならナットクと言えるマトモなモノ。

画像


エビフライの下にはフライドポテトがいるよ。

画像


食べる前から期待値大のハンバーグ。

以前はOKストアとマルエツ。

現在は西友で売ってる、たいめいけん監修のハンバーグ弁当
のモノとは比べ物にならない本家の実力に脱帽。

当たり前だけど、使っている肉が違うからね。

画像


デミグラスソースはスーパーで売ってるコラボもののヤツとは
別物。

本家は肉がいいのを使っているから濃口ではなく、まろやか
な味付けになっている。

画像


洋食やさんなので、オムライスも美味しい。
ハヤリの半熟とろとろではないが、玉子はふんわりしている。

高度な技術なので、こうした食文化を次の世代に伝えると
いう意味では重要な事。

ケチャップライスはしっかりと味付けがされたモノ。

オムレツのところにケチャップをかけなくていい組み合わせ
なのでそのまま行こうかと思ったが・・・。

画像


フツーのお弁当ならパック詰めされたケチャップが入って
いるだけなのに、コイツはプラ製の容器に入ったモノ。

使っているケチャップも自家製なのかな?と思ったら使わない
ワケにはいかない。

画像


ケチャップをかける前にケチャップそのものの味を確認する
為に指につけてなめてみた。

市販のモノと比べて優しい味付けで、さすがは洋食やさんの
お弁当と実感。

濃い味付けのケチャップライスに更にケチャップの上乗せ
をするとクドくなると予想をしていたが、お互いが手を取り合う
調和がとれたモノだったのに驚いた。

画像



味に関してはモンクはないけど、強いてモンクを言うとしたら
ココ。

ハンバーグとエビフライの付け合わせにパスタを使っていて
ここでもパスタは、ちょっとしつこい。

ココは改良の余地があると思った。

画像


税込み2,000円というネダンは高いと思う人もいるだろうが
いい食材を使っているし、調理をする人の技術もいい。

こうした事を考えたら、妥当なネダンだと思う。

毎日は食べられないけど、おいしいオトナのお子様ランチ
という考え方で捉えたらコレはイイ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
たいめいけんの洋食やのスーパーまんぷく弁当。 blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる