アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
blog
ブログ紹介
zoom RSS

咲菜のおにぎりセット(からあげ)。

2018/08/09 18:30
以前は電車に乗る事なんて年に数回しかなかったのに
ココ1ヶ月はやたらと電車に乗っている。

その理由がJR千葉駅ビルのペリエの地下1F。
通称”ペリチカ”と呼ばれる場所にある咲菜が気に入って
いる。

シゴト帰りにわざわざ行かなくてもいいのに、晩ご飯の
おかずで和惣菜を買ってしまう。

画像


そんな咲菜で気になっていたおやつが、おにぎりセット
(からあげ)。

おにぎりセットなら、スーパーやコンビニで売ってるヤツ
の方がコイツよりもおかずが多いから見栄えがいいけど
コイツは見栄えではなく、中身がスゴイ。

画像


小振りな唐揚だけど、鶏肉は岡山備中高原鶏。
聞き慣れない名前だけどコレ、ブランド肉なんだ。

ブランド肉なので、当然だけど美味い。

スーパーやコンビニなんかで売ってる唐揚は鶏肉に臭み
があるから、鶏肉本来の旨みを堪能する事はできない
ので噛み続ける事はせず、とっとと飲み込む。

ココの唐揚は鶏肉がいいから、鶏肉が持つ弾力といった
食感はもちろん、臭みがないので鶏肉本来の味も楽しめる。

もう一つのおかずである、だし巻き玉子も自家製で美味しい。

画像


おにぎりも美味しい。

ここんちで使っているお米は7月1日の記事で紹介した
鮭のり弁でも触れているが岩手県産のお米を使っている。

ごはんがふっくら、やわらかなのはコンビニで売ってる
おにぎりでも同じだよとなるが、コンビニのヤツって妙に
やわらかい。

アレって、増粘多糖類が入っているからであってシゼンな
ものではないのに対して、コチラは本来あるべき姿。

画像


内容を考えたら、税抜き400円はお手ごろ。
ここんちの鮭のり弁と争う主力商品になると思う。

ちょっと高くなるけど、コレにオプションで和惣菜を一品
組み合わせるとシアワセ感のあるごはんになる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


桂林餃子 新検見川北口店の桂林特撰弁当。

2018/08/06 18:17
今日のonopiはブレまくり。
こんな日があるから、人生って楽しいと思う。

という書き出しで始まると、何でブレまくったのかが
分からないとなるので手短にいうと、お昼ごはんで
ブレまくったのだ。

家を出る前のonopiは、お昼に麻婆豆腐に春巻き、
餃子という中華惣菜だったのだが、おやつ探索を
していたらアレコレ目移り。

コレだけ迷わされたのは今年になって初めて。

暑さのせいで思考が鈍っているのか。
それともカラダが求めているモノと違うのかは知らん
が何を食べたらいいのか決められない。

このままでは遭難して生きて返れなくなるから、
冷静になって考えよう。

ココは家を出る前に決めていたモノにすべきだろうと
なったが、手先のお店を覗くがonopiが食べたいと
思っているモノと違う。

おやつ探索に行って何も買わずに帰って来る事も
今年初。

画像


迷いに迷って選んだのが地元ネタでスマン。

桂林餃子 新検見川北口店の桂林特撰弁当。
(税抜き500円)

麻婆豆腐や春巻きがないじゃんって言わないで。

画像


桂林餃子 新検見川北口店へ行くのも久しぶりで
お手ごろカカクのお弁当を出していたなんて知らなかった。

コレが、コイツに決めた理由。

麻婆豆腐はなくても、エビチリがあるからソレでいい。
要は辛いモノが食べたかっただけなのだ。

春巻きの代わりに鶏の唐揚があるから、揚げモノ系も
入ってるからコレでもイイ。

画像


このお弁当の主役は餃子。

過去のおやつの記事を見ていただければ分かると思う
が、ここんちの餃子は美味しい。

それが入ってるのもコイツを選んだ理由かな。

ちなみに豚肉と野菜の炒め物が予想を反する美味さで
びっくり。

今度、単品で買おう。

画像


税抜き500円で美味しいお弁当って、探してみると少ない。

地元ネタなので、すべての人におススメといえない。
新検見川に住んでる人は一度食べてみて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤマザキのこだわりデミグラスソースのハンバーグパン。

2018/07/31 16:46
onopiが勝手に命名したヤマザキの”こだわり○○”シリーズ。

焼きそばパンから始まって、ツキイチペースで新商品を
展開するまでになったが、コレはどうかなと思ったのがコレ。

画像


それが、こだわりデミグラスソースのハンバーグパン。

画像


袋にはフォンドボーと赤ワイン使用のデミグラスソース・・・
と書かれているのはいいけど、肝心のハンバーグは
コノ手に調理パンでお馴染みのクソ不味いヤツなんでしょ?

ソースでクソ不味いハンバーグの味をごまかすんじゃなくて、
ハンバーグにこだわりがなきゃダメじゃん。というのが第一印象。

画像


ハンバーグを見ただけで、例のクソ不味いやつと分かると
おやつとしての完成度は期待はできない。

画像


袋に書かれていた”こだわりデミグラスソース”はイイ。

実売価格が税抜き100円前後のパンとして捉えたら
こういう味付けのモノはないから評価したい。

画像


デミグラスソースがいいだけに、クソ不味いハンバーグを
使ったトコロが悔やまれる。

大手パンメーカーが出すには”コストの壁”を打破できない
故の限界が見え隠れしている感は否めない。

仮にそうでないとしたら、日持ちをさせなきゃ採算がとれない
といった面で味はギセイになっているんだろう。
そう考えたら、この手のおやつは”街のパン屋さん”がやる
べき事なのだろうか。

そうじゃないと大手パンメーカーが声をあげてもいいのでは?

ネダンは高くてもいい。
このデミグラスソースに合うハンバーグにしないと、この
おやつの魅力は引き出せない。

おやつの完成度としてはイマイチで、中途半端なこだわりが
先走っていて、他の面でブレていると感じた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タカギフーズの恋する豚 ステーキ弁当。

2018/07/25 18:17
今日は休み。

画像


7月23日に記事で今度の休みのお昼はタカギフーズの
満足ステーキ弁当を食べたると言ってたのに・・・。

画像


タカギフーズの恋する豚 ステーキ弁当にしちゃった。
(税抜き780円。)
コレ、気になっていたんだよ。

画像


おやつに詳しい人なら知ってる”恋する豚”はブラン豚
の一つ。

生産者である在田農場さんが丹精こめて育てた豚は
他のブランド豚と比べて悪玉コレステロールを減らすと
言われているオレイン酸などの不飽和脂肪酸を多く
含んでいるのが特徴。

生産できる数が少ないので、市場にお目にかかる事が
少ない、知る人ぞ知るブランド豚。

画像


画像


主役のお肉はこんな感じ。
タダモノではないオーラが出ているのが分かると思う。

画像


付属の大根おろしソースをかけて食べるように推奨して
いるが、ソースはかけずに肉本来の味を楽しむ食べ方が
ベスト。

お肉はやわらかくて、豚ステーキとして出してもナットク
できる。
コレも”恋する豚”じゃなきゃ、できない芸当かもしれない。

豚肉特有の臭みは少ないから、噛み続けると後から来る
脂の甘みが待っている。

それでいて脂っぽさを感じないのだからスゴイ。
ブーちゃん(恋する豚)、やるじゃん。

画像


付け合わせはこんな感じ。

主役は”恋する豚のステーキ”なので、これでいいと思う。

画像


満足ステーキ弁当を食べた時に気になった、お肉の下に
敷かれているパスタが脂を吸ってギトギトだったが、コイツ
はパスタ自体に味がついている。

ジェのベーゼとはいえないが、バジルの香りがするコイツは
主役のお肉を引き立てる名脇役。

ふと思ったのだが、満足ステーキ弁当のパスタもコレに
変わったのかなと勝手に想像してしまった。

画像


食べた感想は、税抜き780円は安い。
お肉屋さんがやってるお弁当だから、コノ値段となるが
デパ地下やお店で食べたら、この値段じゃ済まないハズ。

コレを食べると、先日紹介した満足ステーキ弁当がかすんで
見えちゃう。

どちらを選んでも後悔しないが、素材の持つチカラという面
では、圧倒的にコッチが上。

何度も書いてしつこいけど、恋する豚はスゴイ肉。
店頭で見たら迷わず買ってね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タカギフーズの満足ステーキ弁当。

2018/07/23 19:45
7月17日の記事でJR千葉駅ビルのペリチカにあるタカギ
フーズのお肉たっぷりステーキ弁当(税込み980円)に
ついて触れたが、コレってどんなおやつ?と思った人も
いるだろう。

画像


というワケで昨日のお昼に買ったよ。

正しい商品名は満足ステーキ弁当でした。
タカギフーズさん、商品名を間違えてすみませんでした。

画像


画像


画像


税抜き980円でこのボリューム。
お肉だって、ゴムみたいな食感がするヤツとは違って
マトモなモノ。

コレ、炭火で焼いてるのかな。
香ばしい香りがするのも、またいい。

リクツ抜きでおトク感は高い。

画像


お肉で頑張ったから、ステーキソースは加工品という
素っ気なさ。

いい肉使っているから、ステーキソースも自家製といった
こだわりが欲しい気もするが、そこまでやると税抜き980円
じゃ済まない。

高いと売れないといったトコロもあるので、ココは仕方ない。

画像


付け合わせはステーキと相性抜群。

当たり障りのないブナンなモノだけど、お肉たっぷりの
ステーキを最後まで飽きずに食べる事ができたのは
コイツのおかげだったと考えたら、コレが正解。

画像


このお弁当の欠点はステーキの下に敷かれたパスタで
脂(肉汁というべきかな)を吸っちゃってるから、ちょっと
嫌になる。

じゃあ、ステーキソースに絡めて食えとなるが、ソースの
量が少ないから、そうする事が難しい。

コストの問題で難しいのは承知してるが、ココはスライス
した玉葱を入れてほしかったなぁ。

画像


食べた感想を言うと、さっき言った欠点はあるけど、ソレを
帳消しにするだけの満足感がある。

税抜き1,000円以内で買えるステーキ弁当でココまで
美味しかったのはコレが初めて。

今度の休みのお昼もコレだな。
コレはおススメなので、ぜひ食べてみて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


セブンイレブンのまんぷく弁当 焼き鳥&軟骨入りつくね丼。

2018/07/22 16:26
紹介する順番が後になってしまったが、食べる前の
期待値を上回ったおやつがコレ。

画像


セブンイレブンのまんぷく弁当 焼き鳥&軟骨入り
つくね丼。

画像


こんびに弁当のつくねの多くは臭みが強いブロイラー
が相場なので、コイツを最初に見た時の期待値は低い。

不味いに決まっているとタカをくくっていたのである。

画像


最初から不味いと決めつけていたから、期待もせず
事務的に軟骨入りつくねを食べたら・・・。

想像していたよりマトモ。
と言っても、美味いワケでもない。

クソ不味いと思っていたが、少し不味いかなといった
くらいだが、最初の印象が悪かったモノが想像していた
モノより良かった。

最近食べたおやつの中で印象に残っているから
困りモノなんだ。

コンビニ弁当としてはマトモな部類に入るので、おススメ
と言いたいが、日々の生活に変化(刺激)を求めて
今日はクソ不味いコンビニ弁当を食べようと思った時
にはおススメできない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新橋 ての字のうなぎ弁当。

2018/07/18 18:10
今年の土用丑の日は7月20日なんだけど、連日の猛暑
に立ち向かうにはフライングをしてでも”うなぎパワー”
に頼るしかない・・・。

画像


というワケで、おやつ探索の帰りに立ち寄った大丸東京店
に7月20日(金)までの期間限定で出店している新橋 
ての字のうなぎ弁当。(税込み3,240円。)

画像


onopiみたいな”庶民”は良質な国産うなぎを毎日食べる
事ができるという身分じゃない。

そんな”庶民”にとって、うなぎを食べる事は年に何回か
あるお祭りみたいなモン。

どうせ食べるなら中国産のゴムみたいな食感のうなぎや
スーパーで売ってる雑なシゴトの国産うなぎなんか
食べたくない。

老舗の手間暇かけた”いいうなぎ”を食べなきゃ。

onopiのうなぎ感はそんなワケで、3,240円というネダンは
高くない。
お店で食べたら6,000円くらいのモノを食べるからね。

画像


持ち帰りのお弁当についてる蒲焼きのタレなんて、その辺の
市販モノなんでしょとタカをくくっていたら、そうじゃなかった。

甘さが抑えられた独特のタレというのもウレシイ。

画像


これで土用丑の日まで生き延びれそう。
本番はお店でいいのを食うぞぉ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる