スーパー ベルクスのアンガスビーフとイベリコ豚の合挽ハンバーグ弁当。

昨日の事だけど、4年ぶりにスーパー ベルクス
新習志野店へ行ったよ。

長い間、会わなかった友人に再会するかのような
キモチで店内を物色。
他店とは違う魅力があって楽しいお買い物をさせて
いただきました。

画像


お昼ごはんも買ったワケで、onopiが選んだのは
アンガスビーフとイベリコ豚の合挽ハンバーグ弁当。
(税抜き499円)

画像


昨日、行った時はコイツの他に通常版のハンバーグ
弁当(確か税抜き398円だったかな)もあり、ソッチが
売れ筋だと感じた。

ならば、ソッチに乗るべきとなるが、ひねくれonopiは
世の大勢に従わない。

お弁当のフタに誇らしげに書かれたアンガス牛と
イベリコ豚使用とあるが、イベリコ豚にはピンからキリ
まである。

コイツに入っているイベリコ豚は、本来なら捨ててしまう
部位をタダ同然の安値で仕入れて売れば付加価値が
つくから高く売れる。

そんな図式がミエミエのおやつなのだ。

画像


画像


と冷ややかな視線だったが、食べてみるとスーパーや
コンビニで売っているハンバーグ弁当の域を超えた
モノだった。

肉に臭みがないトコロは、先日紹介したセブン&アイの
アンガス牛使用のハンバーグ弁当で経験しており、
コレだけでも値段を高くとるだけはある。

肉汁がジュワ~っと出て来るタイプではなく、お肉が
ぎゅ~っと詰まった感がある食感も個人的には好み。

なんだけど、イベリコ豚はどこにいるんだろう?と
口の中で一生懸命探してみるが、onopiは”美味しんぼ”
に出て来る人クラスほどの鋭敏に味覚を持っていない。

鋭敏に味覚を持つ人なら分かるだろう。
ブンの味覚のなさに凹んでしまった。

画像


このお弁当に入っている付け合わせのパスタは
以前、おやつの記事で紹介したベルクスのナポリタン
と思っていたが、食べてみたら違った。

今度ベルクスへ行ったら、あのナポリタンを買おう。

画像


通常版のハンバーグ弁当と比べたら、割高感はあるが
内容はネダン分の価値はある。

スーパーのお弁当は今後、このような付加価値を求めた
モノとネダンが安いだけの2極化になると思う。

スーパーで売ってるお弁当としてはネダンが高い部類
に入るが、デパ地下のお弁当と比べたら割安。

それでいて、デパ地下のお弁当のクオリティを持った
コイツはスーパーで売っているお弁当の流れを変える
存在になるのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック